2011年10月31日月曜日

第700回 経営者モーニングセミナー 平成23年10月29日


【会長挨拶】山岸久美 会長
おはようございます。700回記念モーニングセミナーにお越しいただきありがとうございます。横北は横浜市から分封して17年になります。
私は倫理法人会に入会していなければ、相当人生が違っていたと思います。今では、倫理の仲間は無視できない存在です。当然、倫理の会長もしていませんし、林市長との出会いもありませんでした。多分、小さな範囲の中でモソモソしていたのではないかと思います。
自分が変わった印象としては、人間は誰でも自分は正しいと思っていますが、都合の悪い自分は引っ込んで、都合のいい自分しか出てきません。そんな中、栞の6条(子は親の心を実演する名優である)と12条(得るは捨つるにあり)は目からウロコで実感し、自分の人生が大きく変わりました。
そして、倫理運動は丸山敏雄創始者が今の時代を先見され、3代に亘って続けられていますが、本当の意味が伝わらず普及ということばかりが先行しています。しかし、丸山創始者が力を入れていた「短歌」と「書道」を勉強し、島田先生を初めてとして教えていただくにつれ、創始者の思いが分かり、10万社にする意義も理解できるようになりました。最近、新しい自分を見つけ、変わってきた事を感じるようになりました。
本日は、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

【講 話】 作家 神渡良平 様
【テーマ】 東日本大震災がもたらしたもの
【講話概要】
本日は、横浜市北倫理法人会の700回記念特別モーニングセミナーとして、作家の神渡良平様に「東日本大震災がもたらしたもの」というテーマでお話ししていただきました。
初めにダスキン創業者である鈴木清一氏が世界一のワックスメーカーのジョンソン社に会社を乗っ取られた時の不屈の精神についてお話していただきました。かねてより師事していた一燈園の西田天香さんに相談に行ったら「天はあなたの中の甘えを削ぎ落とすために、今度の出来事を仕組まれたのではないでしょうか。今度のことは天があなたに課した"行"だと思いなさい。誰も恨んじゃいけません」と助言され、気持ちに区切りを付け、再起された話しをしていただきました。
次に手足のないニック・ブイヂチさんのビデオを流していただきました。このビデオでは彼が絶望と戦いながら生きることの意義を見つけ、人生つまづいたり転んだりするけど立ち上がらないといけない、諦めたらいけないと若者に訴えているビデオでした。
また、神渡講師自らが脳梗塞で倒れた時のリハビリの話しもしていただきました。
そして、本日のテーマである「東日本大震災がもたらしたもの」ということで、多くの方が亡くなり、悲しい出来事ではあるが、この人達は新しい日本を作るために命を捧げられた。だから、私たちは新しい日本を作らないといけない。新しい日本を作る事が使命であり、この東日本大震災は、私達を今一度原点に引き戻してくれたのではないでしょうか。と締めくくっていただきました。

【連絡事項】
・しきなみ短歌会からのお知らせ
 来月の作品は、31日までに松原さんまで提出をお願いします。
・イブニング交流会の報告
 8名の方に参加していただきました。次回は新企画を考えていますので、多くの方の参加をお願いします。
・幹部研修のお知らせ
 11月4日(金)18:30からグレイスホテルで幹部研修を行います。
 講師を囲んで歓談もできますので、一人でも多くの方のご参加をお願いします。
・来月(11月度)の役割は次の通りですので、よろしくお願いします。
 進行/松原幹事
 朝の挨拶/小川幹事
 誓いの言葉/園部幹事
 連絡事項/石井事務長
 ホワイトボード板書/生山幹事
・本日の出席者は86社99名でした。

【次回のご案内】
日 時 11月5日(土)6時30分~
講 師 (社)倫理研究所法人アドバイザー 徳留忠敬 様
講 話 人生は“信”によってなる!

【コメント】
コメントを閲覧したり、書き込む方は、下の“コメント”をクリックしてください。
※コメントの書き方
①コメント投稿欄にコメントを記入してください。
②コメントの記入者で“名前/URL”を選んでください。
③名前に自分の名前を入力してください。
④URLは記入しないで、“次へ”をクリックしてください。
⑤“コメントを投稿”ボタンをクリックしてください。
(一回のクリックで投稿できないので投稿できるまで何度かクリックしてください)

2011年10月23日日曜日

第699回 経営者モーニングセミナー 平成23年10月22日


【会長挨拶】 石河世津子 監査
おはようございます。先日のコニタンの講演はいかがでしたでしょうか。集まりがあまり良くありませんでしたので、企画された方は気をもまれたことと思います。でもお帰りになる時、皆さん笑顔と感動、涙で一杯でした。ご自分が経験された事をお話しされたので、一つ一つが心に響いたのだと思います。
そして、私はこの2週間で色々なことを経験させて頂きました。一つは、先日の講演会、もう一つは“なでしこジャパン”の佐々木監督を中心にボランティアの関係で岩手に行き、監督のお話をお聞きしました。監督はなぜ優勝したのか分析をしてみたそうです。それは選手の心を掴むことが出来たからだそうです。実はこの人の心を掴む訓練は、以前勤めていた会社で未払いの取立てをしていた時、払っていただくために相手の人の心を掴む、読む訓練をされたそうです。
それから、帰国した時に選手達が物凄いフラッシュを浴びたので人生が変わったそうです。だから選手に変わらないようにしないといけないと話しているそうです。その後、11日間のお休みを頂いてエーゲ海に行ってきました。昨日は石津謙介さんの生誕100周年のお祝いの会に行ってきました。これらの事は、別の機会にご紹介したいと思います。以上で会長挨拶を終わります。

【講 話】 (社)倫理研究所法人局法人アドバイザー 秋田源子郎 様
【テーマ】 経営と恩・愛
【講話概要】
本日は、倫理研究所法人アドバイザーの秋田様に「経営と恩・愛」というテーマで講話していただきました。一般に企業経営といえば、資本の調達と運用により企業に利益、利潤をもたらすものと考えられますが、恩・愛の心なき経営は長期的には必ず衰退するとお話しいただきました。具体的には、企業を取り巻く利害関係者である取引先(顧客・購買先・借入先など)、従業員、社会国家などに“恩と愛”を持って接しなければ企業経営は上手くいかないということでした。
次に、恩意識には、低次の恩意識、中次の恩意識、高次の恩意識の3つがあるというお話しをしていただきました。①低次の恩意識とは、困った時に何かをしてもらった時などに、誰もが持つ感謝の気持ちだそうです。②中次の恩意識は、親・兄弟・友人などから受ける愛顧に対する感謝の情念ですが、やや意識が薄くなっているそうです。③高次の恩意識とは、太陽、空気、水などの当たり前にあるものに対する感謝の気持ちですが、ほとんどの方が意識をしていないそうです。我々は倫理の勉強を通して、この“中次”や“高次”の恩意識を持つようにしたいものです。このことが企業経営にも良い影響を及ぼすとお話ししていただきました。

【連絡事項】
・イブニングセミナーの報告
 10月20日に行いましたイブニングセミナーには86名の方に参加していただきました。
 殆んどの方が感動されたみたいです。ありがとうございました。
・幹部研修の報告
 昨日の幹部研修は6名の方に参加していただき、「物を味方につける」というテーマで勉強をしました。
 次回は、11月4日で「心に太陽をかかげよ」というテーマです。ご参加をお願いします。
・イブニング交流会のご案内
 10月27日(木)18時30分から新横浜いこいの広場で行います。
 若い方にお声掛けをしますが、どなたでも参加できますのでご参加をお願いします。
・700回記念モーニングセミナーのお知らせ
 10月29日(土)700回記念モーニングセミナーとなりますので、役員の方は、一人以上の方をお誘いして参加してください。
 動員目標は100名です。
 講師:作家 神渡良平 氏
 テーマ:東日本大震災がもたらしたもの
・本日の出席者は24社24名でした。

【次回のご案内】
日 時 10月29日(土)6時30分~
講 師 作家 神渡良平 様
講 話 東日本大震災がもたらしたもの
※ 700回記念特別モーニングセミナー

【コメント】
コメントを閲覧したり、書き込む方は、下の“コメント”をクリックしてください。
※コメントの書き方
①コメント投稿欄にコメントを記入してください。
②コメントの記入者で“名前/URL”を選んでください。
③名前に自分の名前を入力してください。
④URLは記入しないで、“次へ”をクリックしてください。
⑤“コメントを投稿”ボタンをクリックしてください。
(一回のクリックで投稿できないので投稿できるまで何度かクリックしてください)

2011年10月17日月曜日

第698回 経営者モーニングセミナー 平成23年10月15日


 【会長挨拶】常念隆章 相談役
おはようございます。皆さんは横浜の歌をご存知ですか。
横浜には、いしだあゆみさんの“ブルーライトヨコハマ”や“港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ”“よこはま・たそがれ”などいろいろあります。 これは横浜市歌です。この歌はリズムがあり、初めは2拍子ですが、途中から4拍子になります。(ここで歌っていただきました パチパチ)
この歌は横浜港の開港50周年を記念して作られたそうです。作詞した人は、森林太郎(森鴎外)氏、作曲は南能衛(よしえ)氏だそうです。横浜市の小学校を出た人は皆歌えます。入学式や卒業式などでは必ず歌われています。
難しい言葉が使われていますが、この前、横浜市の林市長が内容を説明されていました。
意味は、『日本には港がたくさんあるが、横浜に勝るものはないでしょう。昔は貧しい漁村でしたが、今は多くの船が停泊しています。これからも高価なものを扱う立派な貿易港になるでしょう』だそうです。100年前に今の横浜のことを見事に言い当てています。すごい歌ですね。皆さん、勉強になりましたか。

【会員スピーチ】 夢工房だいあん(株)板井  啓 様
本日は、会員スピーチとして“夢工房だいあん”の板井様にお話をしていただきました。冒頭、スピーチが不慣れだと前置きされましたが、上手にお話されました。 板井さんは、昭和51年、宮崎で生まれ、現在35歳だそうです。時々、坂井さん、酒井さんに間違われることがあるそうです。 宮崎が嫌いでこちらに来たそうですが、最近はマスコミで宮崎が取り上げられると嬉しいそうです。食べ物もいまだに関東の味には馴染めず、関西の味付けが好きだそうです。また、学校は、お父さんの転勤の関係で計8回の転校をしたそうですが、そのお陰で、新しい環境に馴染むのが苦にならなくなったそうです。 “夢工房だいあん”は、不動産と建築の会社ですが、普通の会社と大きく違うところはイベントが大好きな会社で、今では年に2回地域に根づいた“だいあん祭り”をしているそうです。 倫理法人会に入るきっかけは、色々あるみたいですが決め手は、年下の川井さんの会員スピーチを聞いて感化されたみたいです。これからも日常聞けないお話しが聞け、気づきがもらえる勉強会なので続けるそうです。

【会員スピーチ】 (株)グリーンズ  片塩  肇 様
本日の二人目は、グリーンズの片塩様にお話していただきました。会社は老人ホームと外溝やブロック塀などの土木建築業をしているそうです。今はお父さんが老人ホーム、片塩さんが専務取締役として土木建築を担当されています。 片塩さんは、昭和49年生まれだそうです。学校はお父さんの都合で、藤沢、横浜、静岡周辺で20回転校をされたそうですが、今こうして頑張れているので転校も良かったのではないかと思っているそうです。高校を卒業して現場監督の仕事をしたそうですが給料が安かったので、塗装の職人の道に入り独立し25人位の職人を使ったこともあるそうです。その後、スカウトされてアドバイザーとして海外に行って指導をしたこともあるそうです。今から10年くらい前にお父さんが手伝ってくれということで、今のグーンズという会社に入り、初めは老人ホームの厨房を担当されたそうですが、土木を担当していた責任者が倒れたので、急遽、土木建築の方を担当することになったそうです。営業のことは何も知らなかったそうですが、ワカバヤシさんとの取引で、営業ということが分かってきたそうです。できたら、また厨房の仕事がしたいそうです。

【連絡事項】
・役員会の報告
 倫理研究所は公益法人改革に関連して、「公益社団」を目指していましたが「一般社団」を指向することになったそうです。
 11月18日に松下政経塾との交流会を計画しているそうです。
 11月26日のモーニングセミナーには県の二階会長が来られます。
 食事の後、皆さんと懇談したい そうですので、都合の付く方はよろしくお願いします。
 来年の2月には黒岩神奈川県知事の講演会を計画するそうです。
 来年の3月2日は女性委員会でイベントを計画するそうです。
 倫理研究所のホームページに「丸山敏雄ウエブ」を開設したそうです。
 http://maruyamatoshio.com/
・イブニングセミナーのお知らせ
 10月20日(木)18時30分から俳優の小西博之氏をお迎えしてイブニングセミナーがあります。
 役員の方は、一人以上の方をお誘いして参加してください。
 テーマ:“生きている喜び”末期ガンからの生還
・幹部研修のお知らせ
 10月21日(金)18時30分から
 場所はグレイスホテル
 どなたでも参加できますので、モーニングセミナーに参加できない方は、是非、参加してください。
・700回記念モーニングセミナーのお知らせ
 10月29日(土)700回記念モーニングセミナーとなりますので、役員の方は、一人以上の方をお誘いして参加してください。
 講師:作家 神渡良平 氏
 テーマ:東日本大震災がもたらしたもの
・会員スピーチされた方へのお花について
 贈呈するお花は、田中英子幹事に季節のお花を使って準備していただいています。
 次回からは、きちんと皆さんの前で贈呈したいと思います。
・本日の出席者は30社31名でした。

【次回のご案内】
日 時 10月22日(土)6時30分~
講 師 (社)倫理研究所法人局法人アドバイザー 秋田源子郎 様
講 話 経営と恩・愛

【コメント】
コメントを閲覧したり、書き込む方は、下の“コメント”をクリックしてください。
※コメントの書き方
①コメント投稿欄にコメントを記入してください。
②コメントの記入者で“名前/URL”を選んでください。
③名前に自分の名前を入力してください。
④URLは記入しないで、“次へ”をクリックしてください。
⑤“コメントを投稿”ボタンをクリックしてください。
(一回のクリックで投稿できないので投稿できるまで何度かクリックしてください)

2011年10月3日月曜日

第697回 経営者モーニングセミナー 平成23年10月1日


 【会長挨拶】山岸久美 会長
皆さんおはようございます。先日、林 横浜市長の講演会が無事に、成功裏に終わりました。倫理法人会の皆さんの協力なしでは考えられません。チケットはほとんど完売しましたが、天候が悪かったので、来られない方もおられましたが、1000人の会場がほぼ埋まりました。林市長の話は、以前、モーニングセミナーでお話していただいた内容と重なりましたが、初めて聞くこともたくさんあり、皆さんから良かったと言っていただきました。後半のレジェンドのコンサートも予想以上に盛り上がり、皆さんに喜んでいただきました。市長を立てた演出もあり、市長にも楽しんでいただきました。今回の講演会で、市長に一番喜んでいただけた事、出演していただいたレジェンドにも喜んでいただけた事、準備してくれたスタッフが喜んでくれた事、そして、会場に来てくれた方々に喜んでいただけた事が、疲れ果てた我が老体を癒してくれました。ありがとうございました。

【講 話】 未来クラブ(株)代表取締役 金子 充 様
【テーマ】 「シンパイスルナ ナントカナル!」3万部作戦
【講話概要】
今回は、滝口長太郎氏と一緒に倫理法人会を立ち上げられた 金子様にテーマである“シンパイスルナ ナントカナル!3万部作戦”ではなく、体験談を講話していただきました。冒頭、滝口氏と倫理法人会の枠組みを作った時の話しとして、立ち上げる時の倫理研究所の対応や会長や専任幹事という体制、開始時刻の決め方、会場選びなどの苦労話しをしていただきました。倫理法人会は一般の実践部からスタートしたので、一番最初の倫理法人会は“船橋実践部倫理法人会”という名称だったそうです。次に「シンパイスルナ ナントカナル!」という本を出版した時のお話しをしていただきました。無名の人が本を出版する時は、本の帯に有名な人に推薦文を書いてもらうといいということなので、野田佳彦氏にお願いし、衆議院議員という肩書きで書いていただいたそうですが、出版の日に民主党の代表になられたそうです。本は出版する事は簡単だが、売る事が大変だと言っておられました。そして、ご自身の事として、32歳で独立し、57歳で大学に入学し、経営コンサルタントをされたそうですが、MBAの資格を持たないとダメだという事で66歳で大学院に入学され今年卒業されたそうです。
何事も気が付いた時が始める時。人生、遅いということはない。70歳代に人生のスポットライトが当たるような生き方をしたいと話しておられました。最後に、過ぎた事を「ハッピー」と思えている人は、今も「ハッピー」で、多分これからも「ハッピー」だと思うとお話していただきました。これは、前向きな人は何事も「ハッピー」だと思えるのだと思いました。そして、金子さんのバイタリティに驚嘆してしまいました。

【連絡事項】
・次回のモーニングセミナーのお知らせ
 来週は、連休のため休会です。次回は、10月15日です。
・役員会の連絡
 次回10月15日のモーニングセミナーの後、定例役員会があります。
 役員の方は出席をお願いします。
・秋津書道、しきなみ短歌のお知らせ
 次回10月15日のモーニングセミナーの後、練習日となっています。
 短歌を出していない方は、10月3日までに松原さんに提出してください。
 ※最近、しきなみ短歌会の関係者に作品などを掲載しないかというお誘いの電話などがある
   そうです。詐欺商法ですので、惑わされないようにお願いします。
・イブニングセミナーのお知らせ
 10月20日(木)18時30分から俳優の小西博之氏をお迎えしてイブニングセミナーがあります。
 役員の方は、一人以上の方をお誘いして参加してください。
 テーマ:“生きている喜び”末期ガンからの生還
 会費:3000円(講演のみ)、5000円(講演+食事)
・700回記念モーニングセミナーのお知らせ
 10月29日(土)700回記念モーニングセミナーとなりますので、役員の方は、一人以上の方を
 お誘いして参加してください。
 講師:作家 神渡良平 氏
 テーマ:東日本大震災がもたらしたもの
 セミナー費:無料、朝食:希望者のみ1500円
・レクレーション委員会のお知らせ(秋の横北ふれあいゴルフコンペ)
 日程 11月10日(水)
 場所 太平洋ゴルフ市原コース(0436-88-3311)
 申し込みは甲斐さん(FAX045-945-1063)まで
・事務局から
 “会員のしおり”が出来ましたので、皆さんの会社に郵送させていただきました。
 プリンタの調子が良くなかったので、少し鮮明でないところがありますが、浜田さんに頑張って
 作っていただきましたので、連絡を取ることがあったら、お礼を言ってあげてください。
・本日の出席者は36社37名でした。

【次回のご案内】
日 時 10月15日(土)6時30分~
会員スピーチ ・夢工房だいあん(株)板井  啓 様
         ・(株)グリーンズ  片塩  肇 様

【コメント】
コメントを閲覧したり、書き込む方は、下の“コメント”をクリックしてください。
※コメントの書き方
①コメント投稿欄にコメントを記入してください。
②コメントの記入者で“名前/URL”を選んでください。
③名前に自分の名前を入力してください。
④URLは記入しないで、“次へ”をクリックしてください。
⑤“コメントを投稿”ボタンをクリックしてください。
(一回のクリックで投稿できないので投稿できるまで何度かクリックしてください)